ウサギの裏話
+獣医のエキゾチックウラ話!?ウサギのウラ話!?>明かされない動物実験 

明かされない動物実験


【動物実験】

この文字を見て、一体どんな事を想像されるでしょう^^;
獣医のゼミ?医学系?それとも・・・

それは一つの回答ですが、実は私たちの身近な部分にも
この「動物実験」は大きく関わっています。
一体どんなところで関係しているのでしょう(汗)


 女性の方々は特に
このサイトを読まれる方には女性の方が多いでしょう。
皆さんどんな化粧品使っています?
「関係ないじゃない!」と思われるかもですが、関係深いんです。

化粧品に洗顔フォーム、それにシャンプー・リンスなど、
実はその多くはうさぎなど、動物実験を経て発売されます。
皆さんの使っているその化粧品の中にも普通にあるでしょう。

日本ではかなり認知度が低いですが、多くの動物が
この動物実験によって命を失っています。


 実際はどんな実験を?
主なものとしては↓

【急性毒性試験】
体に取り込まれた時に、その化粧品がどのような悪影響を及ぼすか。
予め絶食しておいて、口から強制投与。
用量を別々にしておいて、どのくらいの量だと、どのくらいの苦しみ方で
どういった死に方をするのかを見ていく実験です(汗)
結局、死亡・生存関係なく最終的には解剖されます。

【眼刺激性試験】
ウサギの片方の目に試験物質を入れて、引っ掻かせないように
首を固定して三日間ほど我慢させる実験。
人間よりも涙を流す能力が弱いので、あまりの痛さに大暴れ、
首の骨を折って死んでしまう子もいると言う状態。
ウサギは痛くても声をあげて鳴かないので最適とされています。

【皮膚感作性試験】
皮膚に直接試験物質を注射して、反応を見る。
更にその物質を皮膚に塗って、炎症を観察。
期間が長い。

などの試験が行われています。


 海外では・・
実は海外での認知度がかなり高く、
「動物を殺して作ったものなんて使いたくない!」との
意見が多く、動物実験を止めた業者がほとんどです。

いわゆる代替実験に切り替えられていると言います。
日本でも、最近動物実験をやめる業者が増えてはいますが、
完全に海外に遅れをとっている状態でしょうね。


ウサギのウラ話!?Topへ
+獣医のエキゾチックウラ話!?Topへ


ウサギのウラ話!?メニュー

〜copyright(c)2005〜+獣医のエキゾチックウラ話!? All rights reserved〜