ウサギの裏話
+獣医のエキゾチックウラ話!?ウサギのウラ話!?>オスが居ないから避妊は・・・ 

オスが居ないから避妊は・・・


「オスがいないんだから、望まれない妊娠なんてしないわよね。
家から出す事も無いし・・・きっと避妊しなくて良いんだわ」

さて、それはどうでしょう^^;
した方が良いのか、しない方が良いのか、デメリットと
メリットを比べ合わせて、良く考えてみましょう〜。


 避妊した時のメリット
子宮があれば、子宮の病気があるのは当たり前のこと。
人間でも、出産せずに性行為もせずに、子宮を放置しておけば
病気になる可能性もアップします。

また、一般的に避妊していないうさぎでは
子宮ガン発生率
も格段に上がります。
「女の子の病気を防ぐ」事が、避妊の最大のメリットでしょう。

大体子宮の病気の発生率は5〜10%と言われていますが、
まだまだ検証が必要なデータである事は注意です^^;


 避妊するデメリット
何よりまず麻酔の危険性だと思います。
太っていたり、ストレスに元々弱かったり、元々体が弱いなどの
特徴でも麻酔のリスクは上がってしまいます。

避妊手術による致死率は低いですが、100%ではありませんので、
メリットと併せて判断しましょう〜。


 さてさて
今現在、ウサギの避妊率は10%に満たないくらいと言われています。
まだまだ普及してませんね〜。

もしデメリットを抑えられ、安全に手術を行う事が出来るのであれば
得られるメリットは大きい手術だと言えると思います。

昔は麻酔の不安定感が強く、ウサギの避妊手術は躊躇して
しまうような病院が多かったと思いますが、現在では麻酔技術も
発達して、より安全に手術を行う事が出来るようになっています^^;


ウサギのウラ話!?Topへ
+獣医のエキゾチックウラ話!?Topへ


ウサギのウラ話!?メニュー

〜copyright(c)2005〜+獣医のエキゾチックウラ話!? All rights reserved〜