ウサギの裏話
+獣医のエキゾチックウラ話!?ウサギのウラ話!?>うさぎの購入時期 

ウサギのご飯:線維


 生後いつ頃のうさぎなら良い?
生後二ヶ月を過ぎたうさぎを飼いましょう。
どんなペットでも赤ちゃんを飼うのは難しいです。
それには次のような理由があります。


 経過はこんな感じ
産まれてからしばらくは、お母さんのおっぱいを飲みます。
それは人間だろうと他の動物だろうと一緒ですね。

大体3週間目までは、完全にミルクから栄養を摂るでしょう。
そしてそこから徐々に離乳・・となります。
実はこのミルクには、大事な役割があるのです。


 ミルクの秘密
産まれてからしばらく、仔うさぎの胃酸はかなり弱いものとなっています。
胃酸の役割として、「雑菌を殺す」というものがありますが、
この頃の仔ウサギの胃酸では雑菌を殺すことが出来ません

そこで、うさぎのミルクを原料に胃の中で「ミルクオイル」という
抗菌物質を作ることで、雑菌に対抗するのです。

大体このミルクオイルは、生後6週間頃まで作られます。
そして、そのミルクオイルが作られなくなる頃に、
今度は胃酸が強くなり、雑菌と戦えるような状況となるのです。


だから二ヶ月なんです
6週間くらいまでは、非常に無防備な状態なんですね。
そして、その無防備状態から抜け出した瞬間にいきなり
環境を変えるというのは酷過ぎます^^;

なので、最低でも6週を過ぎた頃、出来れば2ヶ月を過ぎた頃の
うさぎを飼い始めるようにしましょう〜。

ウサギのウラ話!?Topへ
+獣医のエキゾチックウラ話!?Topへ


ウサギのウラ話!?メニュー

〜copyright(c)2005〜+獣医のエキゾチックウラ話!? All rights reserved〜