モルモットの裏話
+獣医のエキゾチックウラ話!?モルモットのウラ話!?>モルモットにはビタミンC? 

適当な獣医のせいで・・・


モルモットの特徴の一つに、「ビタミンCを作れない」
という事が挙げられます。
私たち人間と同じですよね〜。


 毎日あげましょう
ビタミンCを作れないという事は、
毎日あげなければならないのは当然です。

毎日あげる水には1カップあたり、50mg程度のビタミンCを。
この場合、モルモット用のビタミンCで無い場合は、
余計なミネラルなどが含まれていないか
しっかりと確認する必要があります。

また、ビタミンCは光などで消失しますので、
水はこまめに取り替えることと、この水だけを
ビタミン源としないようにしましょう。

対策として、一日一回はビタミンCを多く含む
食餌を与えると良いでしょうね。

なお、妊娠中・または壊血病(ビタミンC欠乏症)の治療中には、
より多くのビタミンCが必要になります。

大体通常で一日に5〜10mg、妊娠中他要求量の高い時で
一日30mg以上
とらせるようにしましょう。

モルモットは非常に臆病な動物ですので、
それに対してのストレスにもビタミンCを
補給することになるんです。

何しろ「モルモットにはビタミンC」なんですね〜。
では、ビタミンCが不足するとどういった症状を起こすんでしょう。


 壊血病(ビタミンC欠乏症)
ビタミンCは人間で「お肌に!」「コラーゲン!」など
色々と言われていますが、モルモットの場合でも
基本的には変わりません。

コラーゲンの生成に関係しますから、
欠乏していれば皮膚・骨・関節・血管に異常が出ます。

それによって、歩行障害などが現れるわけですね。
毛並みも悪くなってしまいます。
そして出血しやすくなったり、免疫力も弱ってしまいます。

不足が続けば死につながる、危険な病気です。

モルモットのウラ話!?Topへ
+獣医のエキゾチックウラ話!?Topへ


モルモットのウラ話!?メニュー

〜copyright(c)2005〜+獣医のエキゾチックウラ話!? All rights reserved〜